東京都西東京市プロテスタントキリスト教会・東京若枝教会

東京若枝教会

東京若枝教会のホームページへようこそ  

 ようこそ!教会は心のくつろぎの場です。
  教会は魂の深い渇きが満たされる場です。
   牧師にご用のある方は遠慮なくご連絡ください。
     祈ってほしい方もどうぞ      牧師

お知らせ  

新型コロナウイルス対策を踏まえた教会活動の注意事項に関するお知らせ (2020/5/28 更新)


2020年度 教会学校夏のキャンプに関するお知らせ

 新型コロナウイルス感染症予防のため、今年の夏のキャンプは中止いたします。(小学科・中高科共に)新たに、感染予防を考慮した別のプログラムを企画中です。(状況によっては新しい企画も実施できない場合があります。)

ママとキッズのホッとタイムに関するお知らせ

 ママとキッズのホッとタイムは新型コロナウイルスの影響を受け Zoom で行ってきましたが、7月以降は教会にて開催いたします。

礼拝・聖書研究祈り会配信  

8月9日 聖日礼拝  

YouTubeで視聴 YouTubeで視聴
賛美歌545
賛美歌491
交読文 49 (イザヤ書40章)
牧師の祈り・主の祈り・使徒信条
賛美歌354
特別賛美 賛美歌352
救いの証し
聖書朗読 マタイ7:24〜29
メッセージ      飯塚俊雄牧師
  「生きることは建てること」
聖歌628
感謝献金
祈り(応答・決断)
頌栄 賛美歌547
祝祷・後奏

8月5日 聖書研究祈り会  

YouTubeで視聴 YouTubeで視聴
聖歌631
聖歌230
聖書朗読 創世記22:1〜8
メッセージ「アブラハムの信仰と試練」

8月2日 聖日礼拝  

YouTubeで視聴 YouTubeで視聴
賛美歌545
賛美歌67
交読文 7 (詩編23篇)
牧師の祈り・主の祈り・使徒信条
聖歌480
特別賛美「 賛美歌192 シャロンの花」
聖書朗読    詩編23篇
メッセージ      飯塚弘道牧師
  「主イエスは私の牧者です」
聖歌399
感謝献金
祈り(応答・決断)
頌栄 賛美歌547
祝祷・後奏

<今日のメッセージ> 飯塚俊雄牧師
「主は私の牧者です」  詩篇二三:1〜6
 僅か六節のこの詩が三千年の長きにわたり全世界で愛唱され、人類の至宝となったのはなぜか。
一、神への絶対的信頼が体験的に告白されている。宇宙の創造主、永遠の神を「あなた」と呼び、「わたし」との生きた関係が見える。
一、表現の美しさ。子どもでも口ずさめる。
一、人生の全般、朝、真昼、そして夕暮れ、さらに、永遠までもカバーされている。
 作者は、ダビデ。少年時代牧羊者であり、さまざまな苦難、失敗を経て、王となった。 人はだれでも三つの事実を抱いて生きる。
一、良心の呵責、つまり、罪悪感がある。
一、心の平安を願うが、その方法が分らない。
一、永遠への渇望、意味ある人生を全うしたい。
 今、年老いた王ダビデは長い人生を回顧し
1.牧者である神。私は彼の羊。だから、私は乏しくないと。人間として生きるのに必要な全ては神と結びつくことで与えられる。
2.主の羊としての私たち。大切な一言は、「私の」である。個人的な信頼関係である。他人はともかく、私を限りなく愛し、世話し、見守り、保護し、知って、愛していて下さる。     
 私たち羊は、弱く、自分を守る力がない。
 迷いやすく(方向音痴)決断力がない。
だから真の牧者が要る(詩百・3)。
3.この牧者に信頼しよう。関係が出来ると人生万事を益として頂ける。この詩は実は、大牧者イエス・キリストを預言している。
「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊のためにいのちを捨てます」(ヨハネ10・11)。
 神の恵みとあわれみが自分について離れない人生。ダビデの喜びとは永遠の主の家に住むこと、主との天上での交わりであった。

7月29日 聖書研究祈り会  

YouTubeで視聴 YouTubeで視聴
聖歌539
聖歌230
聖書朗読 創世記17:1〜11
メッセージ「多くの国民の父となるために」

7月26日 聖日礼拝  

YouTubeで視聴 YouTubeで視聴
賛美歌545
賛美歌15
交読文 3 (詩編16篇)
牧師の祈り・主の祈り・使徒信条
聖歌494
特別賛美「よろこびの歌」
聖書朗読    使徒の働き使徒の働き 8: 1〜8、26〜31
メッセージ      飯塚弘道牧師
  「聖霊に満たされたピリポ」
聖歌284
感謝献金
祈り(応答・決断)
頌栄 賛美歌540
祝祷・後奏

<今日のメッセージ> 飯塚弘道牧師
「聖霊に満たされたピリポ」使徒8:1〜8、26〜31
 ピリポは私たちと同様に普通の人であった。ただ聖霊に満たされて誠実に生きる彼を神も教会も認めて役員に任命した。私たちもパウロやステパノにはなれなくともピリポにはなれる。だれでもなれる。
一、彼を支配していた熱情。それは潔く、気高い天来のパッションであった。主イエスを語らずにおれない、救霊に燃える心であった。
一、彼の勇気。彼は宣教の場として、最も困難なサマリヤを選んだ。ユダヤ人は長年、サマリヤを軽蔑(べつ)し、交わろうとしなかった。彼は殉教を覚悟して、敢然、進んで行った。一、彼は信仰に満たされていた。神に全き信頼を置いていたから神も彼を信頼しておられた。福音こそ人間の抱える罪の問題、死の恐怖に対して、神が与えて下さった究極、唯一の解決と信じていた。これ以外に人類の救いの道はないと確信していた。
一、聖霊に満たされた彼は謙遜であった。
 教会では婦人会のもめ事に向き合い、サマリヤの地にリバイバルが与えられ、華やかな立場にいても、御霊の導きとあれば謙虚に後任に明け渡して、淋しいガザの地に赴く。走れと言われれば馬車を目がけて走り、エチオピアの高官をキリストに導く。
 早く妻を天に送り、四人の娘たちを伝道者に育て上げ、かつての迫害者パウロを迎えて悠々、共に語らい、共に感謝する。主イエスの、愛、喜び、平和が彼の内にも輝いている。

7月22日 聖書研究祈り会  

YouTubeで視聴 YouTubeで視聴
聖歌455
聖歌230
聖書朗読 創世記15:1〜21
メッセージ「天を見上げなさい」

7月19日 聖日礼拝  

YouTubeで視聴 YouTubeで視聴
賛美歌545
賛美歌11
交読文 20 (詩編57篇)
牧師の祈り・主の祈り・使徒信条
聖歌635
特別賛美 「聖歌501 たたえよ救い主イェスを」
聖書朗読    使徒の働き 6:1〜10、7:54〜60
メッセージ      飯塚俊雄牧師
  「信仰と聖霊に満ちたステパノ」
聖歌617
感謝献金
祈り(応答・決断)
頌栄 賛美歌540
祝祷・後奏

<今日のメッセージ> 飯塚俊雄牧師
「信仰と聖霊に満ちた人ステパノ」 使徒6:1-10, 7:54-60
 外からの迫害を乗り切った教会も、弟子たちが「ふえるにつれて」問題が起きて来た。施しという愛の配慮がつぶやきのたねとなり分裂のきざしを見せる。教会はありのままを神のみ前に持ち出し、新しく飛躍する(6:2-4)。
 こうして選ばれた七人の一人がステパノ。
 彼らに共通していた特質は、御霊と知恵と信仰と恵み、そして力に満ちていること。
 彼らはすべて信徒であった。
一、復活の主は昇天に当り「聖霊を受けるまでは待て」と。これは至上命令であった。
 こうして彼らは「古き自我をつけてしまった」と言える(ガラテヤ5:24)信仰に立つ。
一、この知恵は霊的洞察力であり、「神殿に勝るキリスト」の驚異的な福音理解となる。
一、信仰には、神の賜物を受けとる信仰と、神のために何事かを成し遂げる信仰がある。独子を頂戴する信仰は前者、キリストの苦しみの足りない所をわが身で補う」のは後者です。
一、恵みに満ちるとは、人を魅きつける優雅さ。聖徒とはその人を見ているとキリストを信じ易くなる人のこと。自分を八つ裂きにしようとする人々に囲まれ「丁度天使の顔のよう」。内にいますキリストの香りは、彼に敵対する者の心に忘れ得ぬものを刻んだ。
一、力とは(1)キリストを宣べ伝える力。(2)毅然として立つ力である。ずたずたにされながら勝利の霊に満ちていた。十字架の主のように。
 その高貴な最後の目撃者がサウロであった。

7月15日 聖書研究祈り会  

YouTubeで視聴 YouTubeで視聴
聖歌48
聖歌230
聖書朗読 創世記11:31〜12:9
メッセージ「アブラハムの召命(天幕と祭壇)」

7月12日 聖日礼拝  

YouTubeで視聴 YouTubeで視聴
賛美歌545
賛美歌54
交読文 1(詩編 1篇)
牧師の祈り・主の祈り・使徒信条
聖歌640
特別賛美 「聖歌571きよむるほのおよ」
聖書朗読    使徒の働き 4: 36〜5: 11
メッセージ      飯塚俊雄牧師
  「神を欺く罪に警戒しよう 」
聖歌679
感謝献金
祈り(応答・決断)
頌栄 賛美歌540
祝祷・後奏

<今日のメッセージ> 飯塚俊雄牧師
「神を欺く罪に警戒しよう」 使徒4:36〜5:11

 偉大な宣教の船出をした初代教会に、用いられたのは生れつきの足なえの人だった。美しの門の傍で物乞いしていた彼の歓喜の跳び上りを見た人々は、群れをなした。
1、ペテロは、あのゴルゴタのイエスの十字架の意味と復活の事実を語り、悔改めを迫る。主の教会は五千人になり、更に前進する。
2、「キリスト丸」は、第一の暴風雨に遭遇する。サタンは牙をむき、時の権力者たちは、ペテロらを捕え、恫喝する。このチャンスに、ペテロは、「キリスト以外に救いはない」と宣言。傍には、癒された彼が証人として立っている。彼らは返す言葉もない。
3、釈放された二人は、仲間の待つ教会に行き、「至高なる主よ、大胆に福音を語らせて下さい」と祈る。聖霊の更なる注ぎ!
4、外からの迫害が無効であれば、サタンは、内部からの切り崩しを図る。
 アナニア、サッピラ夫妻の虚栄心である。
 彼らの罪とは何だろう。売上金の一部を残しておいた事ではなく、売上金の全部を使徒たちの許に持って来たかのように見せた事であった。彼は聖徒のように見せかけたかった。私たちはすべてをご存じの神の前に、開かれた心で歩めばいい。
 教会は、主の前に大いなる恐れを生じ、この畏れが、更に新しい力となって行く。

7月8日 聖書研究祈り会  

YouTubeで視聴 YouTubeで視聴
聖歌201
聖歌230
聖書朗読 創世記11:1〜9
メッセージ「国々の起源とバベルの塔」

 

聞こえていますか、あなたを呼ぶ声  

人はだれでも愛されたいと思います。愛なしでは生きられないように造られているからです。人はだれでも永遠を思います。永遠に生きるように造られたからです。人はだれでも真実なものに感動します。真実な神が私たちの創造主だからです。
 事実、私たちを造られた神は、「わたしの目には、あなたは高価で尊い。私はあなたを愛している」と語りかけておられます。
 ここに私たちの人間としての尊厳があります。
 砂漠に放置された時計は、どんなに正確に時を刻んでも、それを造った人間と向き合い役に立たない限り、空しいと思うでしょう。
 私たちがどんなに発達した文明の中にいても、どこか孤独で空虚で不安な理由は、私たちを限りなく愛しておられる神に背を向けているからです。私も思春期に大きな挫折の中で、聖書を通してこの神にお出会いして、六十数年、喜びと希望に生かされて来ました。
 教会こそあなたの生きる意味と生きる喜びを与える唯一の場所です。
 東京若枝教会は、あなたをお待ちしています。
     牧師 飯塚 俊雄

教会紹介  

私たちの教会は1968年、練馬区関町の借家の八畳の板の間から始まりました。
牧師は、ベテランの飯塚俊雄牧師と、音楽性ゆたかな飯塚弘道牧師です。
地域の方々に愛され、親しまれ、今や毎週の聖日礼拝には90歳をこえる方々から、働き盛りのパパやママ、青年、学生、中高生、小学生はもちろん、赤ちゃんにいたるまでたくさんの人々でにぎわいます。
牧師の心は温かく、お話はわかりやすく、慰めといやしと希望のメッセージはきっとあなたの心にも届くでしょう。

※当教会は統一教会、モルモン教、エホバの証人、幸福の科学とは一切関係ありません。
また当教会では駐車場整理の都合上、車でお越しの方から車の鍵をお預かりします。ご理解のほどお願いします。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional